2012年07月10日

梅雨はいつあけるの

以前ブログぶ書いたのですがやはり雨、梅雨に調子なるってあるんですね!


梅雨の間、首都圏の女性の6割は不調を感じている--。「血めぐり研究会」が東京、神奈川、千葉、埼玉の1都4県の20〜64歳の女性に対して行った調査で、こんな結果が出た。梅雨入りから梅雨明けまでの約2ヶ月間、ずっと不調を感じていると答えた人も3割に上った。

 調査では、梅雨時に感じている症状として、「だるさ」を感じている人が30.2%、「肩こり」を挙げた人が22.6%いた。「冷え」「疲労」「ストレス」などを挙げた人も1〜2割近くいた。東京女子医大付属青山自然医療研究所クリニック所長の川嶋朗医師は、その原因を「梅雨時の低気圧配置」だという。低気圧によって、副交感神経が優位になってリラックス状態が強まり、だるさなどを引き起こすため、活動量が減り、血の巡りが悪くなって肩こりや冷えを感じやすくなるという。また気圧が低い状態は、炎症を引き起こすヒスタミンの分泌が多くなるとも言われ、「ヒスタミンが交感神経を刺激することでストレスを感じるようになる」と説明している。

 血めぐり研究会は、こまめに体を動かしたり、冷えを感じやすい肩、首、ひざの裏などを温めたり、気温差にあわせて羽織ものなどで冷えないようにすることで、梅雨時の不調が和らげられると話しています。

webならTV www.oa-kaitoriup.com
メールならmail to info@oa-kaitoriup.com
電話なら 電話  0725-22-2122

posted by 買取UP at 23:21| Comment(0) | 日記